建築家と一緒に考えていく リフォーム,リノベーション

リフォーム成功の鍵は、先ず計画から

 限られた予算の中で、コスト、耐震や設備のことも考え、バランス良い計画を組み立てていくこと。
 工務店からの見積り内容をしっかりと査定、または比較選定すること。
 希望する内容により、様々な分野の専門家との協力体制を図ること。
 業者まかせでなく、工事が的確に進められているかを確認すること。

計画全体の流れを把握し、良いプランをつくるには経験ある専門家でないと難しいことが多くあります。

希望をかなえるには、見せかけの良さだけにとらわれることなく、発注者側に立った適切な計画づくりが先ず一番です。

 
戸建て住宅、マンション、古民家 / 木造から鉄骨造、鉄筋コンクリート造 / 専門的な解決からDIYを楽しむリフォームまで
専門的な知識や豊富な経験からふところ深く対応いたします。

中古戸建て住宅、中古マンションを自分らしい家へと工夫してつくり上げるリノベーションも応援します。

 ≫ リフォーム、リノベーション 設計の流れ(例)

1.準備と調査

・まずは、ご要望をお伺いします(ご希望、条件、予算、期間など)。初回ご相談は無料です。お気軽どうぞ。

・現地を拝見します。

・既存図面がある場合はお借りするか、コピーをいただきます。マンションの管理規約等がある場合はあわせて確認させていただきます。

2.プランの提案

・ご要望をもとに、打合せをしながら調整をしていきリフォーム計画のおおまかな内容を決めていきます。

・今後のスケジュールをご相談いたします。

・リフォーム費用(設計コンサルタント料、工事費、各種手続き費用など)の概算を検討します。

3.設計委託契約

・方向性が決まりましたら、設計コンサルタント業務の契約をいたします。

4.設計期間

・打合せをかさね、プランを具体的にしていきます。(打合せ回数やペースは内容により様々です。)

・内装仕上げ材や設備機器などを順次ご相談しながら、必要な図面を作成していきます。

5.見積り&見積り調整

・施工会社に現地説明をして図面を渡し、見積りを依頼します。

・見積りの内容を確認し、金額によっては変更や調整を行います。

・工事日程の打合せをいたします。

・マンションの管理組合等へ届け出や手続きが必要な場合は、適宜対応していきます。

6.工事

・施工会社と工事請負契約をしていただき、工事スタートです。

・工事期間中は、現地で仕上げ材の確認などの打合せをすることもあります。

7.完成

・完成しましたら引渡しを行います。

建築家と一緒に考えていく家づくり  初期サポート・コンサルティング

 家を建てたいが、
設計事務所にたのんだ方がいいのか、
工務店にたのんだ方がいいのか、
または、ハウスメーカーか、
どこがいいのだろうか・・・・・?
情報ばかりが多くて・・・・?

 工務店に設計から施工までお願いしたいが、要望をちゃんとかなえてくれるのか、
デザインや計画のちからがあるのか不安。

 設計事務所にたのみたいが、どこを選べばいいのか見当がつかない。デザインをおしつけられてしまうのでは・・・・?
設計料が高いのでは・・・?

などなど、はじめの一歩で多くの方が悩んでいます。 ぜひご相談ください。

建築家・設計事務所にも工務店にもそれぞれ個性があり、いろいろなタイプがあります。
得意とする規模、分野も違います。

コンサルティングを進めていく中で、あなたにとって最適な方法を一緒に見つけていきましょう!!


大小さまざまな住宅から、公共施設、大規模・複雑な建築まで、多くの設計・監理に携わってきた豊富な経験から幅広くあなたのご要望にお応えします。

 ≫ 家づくりの初期サポート・コンサルティングの流れ(例)

1.初回のご相談(一級建築士による無料相談)

・あらかじめ予約のうえ、お会いして、ご要望をお伺いします。(ご希望、条件、予算、期間など) 無料相談です。お気軽にお問い合わせください。
土地のこと、新築、リフォーム、耐震 ことなどもご相談ください。 ・どのようにコンサルティング進めていくか、また業務の内容などについてもご説明します。

2.コンサルタント委託契約

・委託業務の内容を打合せし、ご了承いただきましたらコンサルタント委託契約をします。

・住宅の場合、調査・企画報告書の作成までの報酬は、目安として15万円~30万円です。(規模、内容等によって変わります。)

3.打合せ、ヒアリングと調査

・ご要望や家族構成、イメージ、予算などをおききしながら打合せをさせていただきます。

・現地や必要に応じて関係諸官庁に行き、敷地状況や建築の法的条件などの調査を行います。

・ご要望や建築条件などから、最初のたたき台となるラフプランを作成します。

4.調査・企画報告書の提出

・調査内容やラフプランなどを調査・企画報告書としてまとめ提出、ご説明いたします。

・この調査・企画報告書は、今後さらに家族間での話し合い、ご希望内容の調整まとめ、要望をつめていくスタートとしての材料になります。 たたき台も何もないところからそれぞれの要望をまとめていくのは難しいことです。

・そしてこれは次のステップで、お医者さんのカルテや診断書のように持参して、次の依頼先に要望を的確に伝えるための資料としても活用できます。

5.次のステップに向けてのご相談

・これまでの経過から、今後、建築家・設計事務所に依頼(設計・監理)した方がいいか、 今回の調査・企画報告書をもとに工務店に直接依頼(設計・施工)した方がいいか、 または、いったん立ち止まって、計画を進めるべきかどうか再検討する、など ご相談に応じます。

・ご希望によっては、内容、規模、ご依頼主のご性格などに合った適切と思われる建築家や工務店の紹介、選定のお手伝いをいたします。

・土地の購入前で、今回の検討によって、敷地条件が良くないとか、予算的なことから当該土地購入をやめ、他の土地を探すことにしたり、戸建て住宅をやめてマンションを探した方がいいと判断される場合もあります。

・また、建て替えよりもリノベーションを選択される場合もあります。

・今回の調査・企画報告書をもとに、ご家族でつめた要望条件などにより、今後の 計画の見直し → 基本設計 → 実施設計 → 工事 → 完成 までの建築の流れ、 それぞれの段階における建築主の役割、設計契約、工事請負契約などについてご説明します。 ご希望によっては、設計事務所や工務店の打合せに同行、フォローすることもあります。

・引き続き当事務所に設計・監理をご依頼される場合は、改めて設計契約のうえ、基本設計へと進めていきます。 なお、この場合には、ここまでの報酬は設計料の一部に充当いたします。


家づくりでは、初期のサポートがたいへん重要です。その後の流れに大きく影響してきます。 お気軽にご相談ください。